揺れや加速度に体を慣らす方法について

車に乗っていると車酔いを起こすことが度々あります。
車に酔うという現象は、人間の三半規管と呼ばれる器官が振動や揺れに対して刺激を受けて自律神経の失調を起こし、吐き気などを感じるものです。
その為、車に酔う症状を抑えるには、ドラッグストアで販売されている酔い止め薬の服用の他に、ブランコなどで遊ぶことや水泳を行なうことで普段から三半規管を鍛えておくことが有効です。
また、車に酔うことは、車の加速度に対する刺激に慣れていくことで軽減出来ることが分かっているので、普段から車に乗っておくことで、次第に三半規管は加速度や揺れに慣れてきて車に酔わなくなってきます。
自動車に酔ってしまう症状は、心理的な要因も大きいのが実情です。
車に乗ると酔うという思い込みから引き起こされることが多々あり、逆に思い込みを取り除くことで車に酔うことが無くなってきます。
酔い止め薬を服用する行為は、薬による効能の他に、プラシーボ効果によって「車に乗ると酔う」という不安を取り除き、気持ちを抑えることが出来ます。
これらの対策を行なうことで、人は自動車に乗っても車に酔うことが無くなってきて、快適なカーライフを楽しむことが可能になってきます。

コメントは受け付けていません。