酔い止め薬の選び方について

自動車は近くのショッピングセンターへ買い物に行って荷物を運んだり、遠隔地へ旅行や仕事に行ったりする手段としてよく利用されます。
しかし、車に乗り慣れていない人は車酔いをすることが多々あり、車に乗る前に対策を行なっておく必要があります。
車に酔うのを防ぐ手段として一般的に利用されているのが酔い止め薬です。
薬を服用する前に、年齢や体質などに合った薬を選択することが大切です。
嘔吐しないようにするには抗ヒスタミン薬が有効です。
この薬はヒスタミンという脳内物質が嘔吐中枢を刺激することで嘔吐を引き起こすので、ヒスタミンの分泌量を抑えようという物です。
副交感神経遮断薬は、自律神経の興奮を抑える役割があり、身体の不快感を抑える効果があります。
局所麻酔薬は、胃の粘膜などに麻酔を与えて嘔吐刺激を和らげて嘔吐を防ぐという物であり、中枢神経興奮薬は脳の混乱を抑える物です。
それぞれ効果的には似ていますが、使い分けることで適切に車に酔う症状を予防することが可能であり、ほとんどの薬剤は、車に乗る30分から1時間前程度に服用しておくことが最も効果が出やすいです。
医薬品メーカーから数多く販売されているので、ドラッグストアなどで薬剤師と相談しながら、使用者の身体に適した薬を選択すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。