身体的要因について

車は日常生活を快適に送る上で必要な物であり、車を運転したり、車に乗ったりする時間は比較的長いです。
車に乗ったり、運転したりする上で、多くの人々が困ることの一つに車酔いがあります。
車に酔う症状は、体の三半規管が車の加減速の時の揺れなどによってバランスを崩し、自律神経失調を起こす症状です。
また、空腹や睡眠不足の状態で車に乗ると、正常な時以上に車の振動や社内の臭いなどが気になり、車に酔いやすい状態になっています。
車で酔わないようにする為には、心理的な要因を抑えると同時に身体の不調などによる原因も抑えておくことが大切です。
車の運転や同乗前には、しっかりと睡眠を取って睡眠不足を解消しておき、食事を抜かずに食事をしておくことで空腹の状態を解消しておくことが車による酔いを予防する手段の一つとなります。
食事を行なう際には食べ合わせも大切であり、消化の良い物を選択して食べると酔いにくくなります。
三半規管を外部の刺激に慣れさせておくことも必要であり、水泳などの運動をしておくと、自律神経失調に陥らなくなります。
外部の刺激は、車内の臭いを消臭剤で消したり、エンジン振動の少ない車に乗ったり、車の運転の工夫を行なうことで抑えることが出来ます。

コメントは受け付けていません。