車酔いする原因について

自動車はとても便利な道具ですが、中には苦手だという人も多いのではないでしょうか。
特に乗り物酔いしやすいという人は、その中でも車は特に酔ってしやすいものだけ、乗るのが辛いという人もいますよね。
自らハンドルを握った場合は別として、人が運転する車にのるとすぐに酔ってしまうという人もたくさんいます。

それでは、車酔いというのはなぜ起こるのでしょうか。
例えば、自転車を漕いでいて酔う人というのはいませんよね。自動車も同じように本人が運転していた場合、酔うという人はいません。
しかし、人が運転している状況だと酔ってしまうということがあります。
つまり、酔うというのはこの部分に原因があり、人間はイメージしている動きと違う動きをすると酔ってしまうようにできているのです。
自らがハンドルを握った時のは自らの意志で車を動かしているわけですから、その後車がどのように動くのかわかるため酔うことはありません。
しかし、人が運転している車だとどのように動くのかが、予想がつかないために酔ってしまうのです。
そのため、乱暴な運転をする人の車に同乗するほど、車の動きを予測することができずに、酔ってしまうことになるというわけなのです、

コメントは受け付けていません。