外的要因について

車の運転を行ったり、車に同乗したりすると、度々起こる症状が車酔いであり、多くの人々が困っています。
車に酔う症状は人間の身体の中にある三半規管というバランス感覚を判断する器官が車の揺れや加減速によってバランスを崩す状態です。
特に子供などバランス感覚の敏感な人は車に酔いやすいという傾向があり、事前に予防策を練っておく必要があります。
車に酔う外的要因は、車がカーブに差し掛かった際に左右に揺さぶられたり、タバコやガソリンなど一般的にありがちな車内の匂いによって誘発されたり、車に酔うという思い込みをしてしまったりすることです。
車に酔う症状を抑える為には、これらの外的要因を取り除くことが有効な手段となります。
車内の匂いを除去するには、ドラッグストアで販売されている消臭剤を利用すると効果的です。
近年では、短時間で効率的に消臭を行なってくれる商品が販売されているので、車に乗る直前に消臭剤を利用しても効果を引き出すことが可能になっています。
揺れに関しては、エンジンの振動の少ない車に乗り換えたり、同乗者は助手席に座るというようにすることで、車に酔うリスクを軽減することが出来ます。
また、携帯電話の画面を見るという動作や本を読むという目が細かい動きをするという動作も車に酔う外的要因となってしまうので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。