自分で運転する際の注意点

車は現代社会において日常生活を送る上での必需品となりますが、車の運転を行なう上で起こる症状の一つが車酔いです。
自動車に酔う主な原因は、車の振動や揺れ、精神の状態や食べ合わせ、自動車の臭いなどによって引き起こされることです。
また、三半規管が車の加減速や振動によってバランスを保てなくなり、車の酔いを引き寄せてしまいます。
その為、出来るだけ振動しないような道を走行したり、走行前夜はしっかりと睡眠を取っておいたり、ガソリンやタバコなどの臭いが車に充満しないように車用の消臭剤を社内に振りかけておくなどを行なっておくと、車に酔う確率を抑えることが出来るようになります。
近年では車に酔うのを防ぐのに効果的な酔い止めがドラッグストアなどで色々な種類の物が販売されているので、このような薬を車に乗る前に服用しておくと良いでしょう。
同乗者へのアドバイスをする時には、車の揺れが少ない助手席への同乗を勧めるようにすると効果的です。
車のドライバーにとっては、車の運転の仕方を工夫することが必要です。
揺れを極力少なくした走行方法であれば、車に酔うのを抑えることが可能であり、特にカーブや坂の多い場所ではドライバーの技量が問われます。

コメントは受け付けていません。