‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

車体の中心に近いところに乗ると良い!

2014/07/06

車酔いで悩んでいる人はとても多いはずです。とくに、子供はよく酔いやすいですし、大人になってからも車に乗るたびに酔ってしまうという人もいるでしょう。このような場合、対策があります。

 
大切なことは、車体の中心に近いところに乗るようにするということです。車は走行していくため、左右に揺れます。また、ブレーキをかけるときは前後に揺れます。その衝撃を少しでも受けないようにするためには、車体の中心に近いところに乗るようにすることが大切なのです。中心に近いところに乗るようにすることで、車の酔いを少しでも改善することが出来るでしょう。

 
例えば、5人乗りのセダンなどの場合は、後部座席の真ん中が最も車の酔いを少なくすることが出来る場所です。また、三列シートの車の場合は、当然、2番めのシートの真ん中の席が、最も酔いにくいです。

 
このように車の酔いにくい場所は決まっているため、出来るだけ、そこに車に酔いやすい人を座らせるようにしましょう。子供などの場合もこの場所が良いです。但し、真ん中にチャイルドシートが設置できない場合もありますので、その場合は後部座席の運転手の後ろ側に持ってくるようにしましょう。安全ですし、運転手自身が揺れを避けるため比較的揺れにくいです。

ツボを刺激する

2014/07/06

車酔いは誰でも起こるものではありません。よく三半規管が刺激されることにより自律神経に影響を与えることで車に酔うとされていますが、疲れているときや睡眠不足のときには誰しもなりうることなので注意しましょう。

 
もし車に酔ってしまったら、可能なら車を停めてもらい休憩するようにしましょう。なかなか休憩できない場合には、空気を入れ替えるだけでも違います。
それ以外にできる方法として、ツボ刺激があります。よく言われている乗り物酔いのツボは、内関というポイントで、手首の関節の真ん中から下に指3本下ほどにあるポイントです。手の平側なので、もう片方の親指でゆっくり刺激してみてください。両方のポイントを指圧することが大事です。車に乗ったままでもやりやすいのでおすすめです。

 
もうひとつのポイントは、築賓と言われている足の内側のくるぶしの上10センチほどのところです。ここも左右ともにゆっくりマッサージするような感じで刺激しましょう。

 
これらのことを知っておくと、気持ち悪くなっても焦ることなく安心です。ですが、酔う前に原因となることのないように予防しておくのも肝心です。酔いやすい人はなるべく、酔い止め薬を飲んでおくようにしましょう。

自分で運転する際の注意点

2014/07/06

車は現代社会において日常生活を送る上での必需品となりますが、車の運転を行なう上で起こる症状の一つが車酔いです。
自動車に酔う主な原因は、車の振動や揺れ、精神の状態や食べ合わせ、自動車の臭いなどによって引き起こされることです。
また、三半規管が車の加減速や振動によってバランスを保てなくなり、車の酔いを引き寄せてしまいます。
その為、出来るだけ振動しないような道を走行したり、走行前夜はしっかりと睡眠を取っておいたり、ガソリンやタバコなどの臭いが車に充満しないように車用の消臭剤を社内に振りかけておくなどを行なっておくと、車に酔う確率を抑えることが出来るようになります。
近年では車に酔うのを防ぐのに効果的な酔い止めがドラッグストアなどで色々な種類の物が販売されているので、このような薬を車に乗る前に服用しておくと良いでしょう。
同乗者へのアドバイスをする時には、車の揺れが少ない助手席への同乗を勧めるようにすると効果的です。
車のドライバーにとっては、車の運転の仕方を工夫することが必要です。
揺れを極力少なくした走行方法であれば、車に酔うのを抑えることが可能であり、特にカーブや坂の多い場所ではドライバーの技量が問われます。

揺れや加速度に体を慣らす方法について

2014/07/06

車に乗っていると車酔いを起こすことが度々あります。
車に酔うという現象は、人間の三半規管と呼ばれる器官が振動や揺れに対して刺激を受けて自律神経の失調を起こし、吐き気などを感じるものです。
その為、車に酔う症状を抑えるには、ドラッグストアで販売されている酔い止め薬の服用の他に、ブランコなどで遊ぶことや水泳を行なうことで普段から三半規管を鍛えておくことが有効です。
また、車に酔うことは、車の加速度に対する刺激に慣れていくことで軽減出来ることが分かっているので、普段から車に乗っておくことで、次第に三半規管は加速度や揺れに慣れてきて車に酔わなくなってきます。
自動車に酔ってしまう症状は、心理的な要因も大きいのが実情です。
車に乗ると酔うという思い込みから引き起こされることが多々あり、逆に思い込みを取り除くことで車に酔うことが無くなってきます。
酔い止め薬を服用する行為は、薬による効能の他に、プラシーボ効果によって「車に乗ると酔う」という不安を取り除き、気持ちを抑えることが出来ます。
これらの対策を行なうことで、人は自動車に乗っても車に酔うことが無くなってきて、快適なカーライフを楽しむことが可能になってきます。

酔い止め薬の選び方について

2014/07/06

自動車は近くのショッピングセンターへ買い物に行って荷物を運んだり、遠隔地へ旅行や仕事に行ったりする手段としてよく利用されます。
しかし、車に乗り慣れていない人は車酔いをすることが多々あり、車に乗る前に対策を行なっておく必要があります。
車に酔うのを防ぐ手段として一般的に利用されているのが酔い止め薬です。
薬を服用する前に、年齢や体質などに合った薬を選択することが大切です。
嘔吐しないようにするには抗ヒスタミン薬が有効です。
この薬はヒスタミンという脳内物質が嘔吐中枢を刺激することで嘔吐を引き起こすので、ヒスタミンの分泌量を抑えようという物です。
副交感神経遮断薬は、自律神経の興奮を抑える役割があり、身体の不快感を抑える効果があります。
局所麻酔薬は、胃の粘膜などに麻酔を与えて嘔吐刺激を和らげて嘔吐を防ぐという物であり、中枢神経興奮薬は脳の混乱を抑える物です。
それぞれ効果的には似ていますが、使い分けることで適切に車に酔う症状を予防することが可能であり、ほとんどの薬剤は、車に乗る30分から1時間前程度に服用しておくことが最も効果が出やすいです。
医薬品メーカーから数多く販売されているので、ドラッグストアなどで薬剤師と相談しながら、使用者の身体に適した薬を選択すると良いでしょう。

車酔いしないためにはどうすれば?

2014/07/06

車酔いを予防するためには、まずその発生メカニズムを知ることが大切です。一般的に乗り物酔いの原因としては、加速、減速時に身体に加えられる加速度や揺れによって、内耳にある平衡器官が失調してしまうことが挙げられます。またこの要因の他にも、車内の臭いや流れる車外の風景に目がついていかないことなども乗り物酔いの原因になります。

 
さらに間接的に原因となるものとして、睡眠不足や過労、精神的な不安のほか、自分は乗り物に弱いという思い込みも乗り物酔いの原因になると言われています。したがってこれらの要因を取り除くことが、乗り物酔いの予防策を立てるうえでは重要になるのです。

 
具体的な乗り物酔いの予防方法としては、まず睡眠を十分にとり体調をしっかり整えることが大切です。空腹時や満腹時の乗車を避け、服装も締め付けの強いものより、ゆったりとした服を着用するように心がけましょう。酔い止め薬の服用も、薬そのものの効果だけでなく、飲んでいるから大丈夫といった暗示効果も期待できるので有効です。

 
またバスなどの場合は、車のどこに乗るかといったことも重要になります。タイヤの上は揺れが強いのでできるだけ避け、進行方向がよく見える座席に座ることが大切です。

外的要因について

2014/07/06

車の運転を行ったり、車に同乗したりすると、度々起こる症状が車酔いであり、多くの人々が困っています。
車に酔う症状は人間の身体の中にある三半規管というバランス感覚を判断する器官が車の揺れや加減速によってバランスを崩す状態です。
特に子供などバランス感覚の敏感な人は車に酔いやすいという傾向があり、事前に予防策を練っておく必要があります。
車に酔う外的要因は、車がカーブに差し掛かった際に左右に揺さぶられたり、タバコやガソリンなど一般的にありがちな車内の匂いによって誘発されたり、車に酔うという思い込みをしてしまったりすることです。
車に酔う症状を抑える為には、これらの外的要因を取り除くことが有効な手段となります。
車内の匂いを除去するには、ドラッグストアで販売されている消臭剤を利用すると効果的です。
近年では、短時間で効率的に消臭を行なってくれる商品が販売されているので、車に乗る直前に消臭剤を利用しても効果を引き出すことが可能になっています。
揺れに関しては、エンジンの振動の少ない車に乗り換えたり、同乗者は助手席に座るというようにすることで、車に酔うリスクを軽減することが出来ます。
また、携帯電話の画面を見るという動作や本を読むという目が細かい動きをするという動作も車に酔う外的要因となってしまうので注意が必要です。

身体的要因について

2014/07/06

車は日常生活を快適に送る上で必要な物であり、車を運転したり、車に乗ったりする時間は比較的長いです。
車に乗ったり、運転したりする上で、多くの人々が困ることの一つに車酔いがあります。
車に酔う症状は、体の三半規管が車の加減速の時の揺れなどによってバランスを崩し、自律神経失調を起こす症状です。
また、空腹や睡眠不足の状態で車に乗ると、正常な時以上に車の振動や社内の臭いなどが気になり、車に酔いやすい状態になっています。
車で酔わないようにする為には、心理的な要因を抑えると同時に身体の不調などによる原因も抑えておくことが大切です。
車の運転や同乗前には、しっかりと睡眠を取って睡眠不足を解消しておき、食事を抜かずに食事をしておくことで空腹の状態を解消しておくことが車による酔いを予防する手段の一つとなります。
食事を行なう際には食べ合わせも大切であり、消化の良い物を選択して食べると酔いにくくなります。
三半規管を外部の刺激に慣れさせておくことも必要であり、水泳などの運動をしておくと、自律神経失調に陥らなくなります。
外部の刺激は、車内の臭いを消臭剤で消したり、エンジン振動の少ない車に乗ったり、車の運転の工夫を行なうことで抑えることが出来ます。

車酔いする原因について

2014/06/23

自動車はとても便利な道具ですが、中には苦手だという人も多いのではないでしょうか。
特に乗り物酔いしやすいという人は、その中でも車は特に酔ってしやすいものだけ、乗るのが辛いという人もいますよね。
自らハンドルを握った場合は別として、人が運転する車にのるとすぐに酔ってしまうという人もたくさんいます。

それでは、車酔いというのはなぜ起こるのでしょうか。
例えば、自転車を漕いでいて酔う人というのはいませんよね。自動車も同じように本人が運転していた場合、酔うという人はいません。
しかし、人が運転している状況だと酔ってしまうということがあります。
つまり、酔うというのはこの部分に原因があり、人間はイメージしている動きと違う動きをすると酔ってしまうようにできているのです。
自らがハンドルを握った時のは自らの意志で車を動かしているわけですから、その後車がどのように動くのかわかるため酔うことはありません。
しかし、人が運転している車だとどのように動くのかが、予想がつかないために酔ってしまうのです。
そのため、乱暴な運転をする人の車に同乗するほど、車の動きを予測することができずに、酔ってしまうことになるというわけなのです、