車酔いとは

 

 

車を運転したり、車に同乗したりする機会は、現代社会に生きている人々のほとんどが経験をしており、車に慣れるまでに誰もが経験することが車に酔うことです。

 
車酔いとは、車の発進時や走行時の加減速、カーブや悪路での走行時の車の揺れなどの外的な要因によって引き起こされる自律神経失調の症状です。
車に酔うと、三半規管がバランス感覚を失ってしまったりすることで嘔吐刺激などが増長されたりして嘔吐や顔面蒼白などの症状が出てきます。
これらの症状を抑える為には、ドラッグストアなどで市販されている酔い止め薬を服用したり、車に乗り慣れることで三半規管のバランス感覚を保ったりすることが有効です。

 
酔い止め薬を飲むタイミングは一般的に車に乗る約30〜1時間前が良いです。

 
車に酔う要因としては、車の走行時の揺れなどの他にも、車内の臭いや直射日光が目に過剰な刺激を与えることや携帯電話などの画面を長時間見るなどといったものもあります。

 
睡眠不足や空腹など人間にとって体が正常で無い状態で車を運転すると、車に酔いやすくなります。
適度に空腹を満たし、睡眠不足を解消しておくことも車に酔うのを防ぐ手段として効果的です。

 
車に酔うのを抑えられると快適に車に乗ることが出来るようになります。”